こんな部屋は人気が無い?

せっかく建てたマンションが空室だらけ…。意外にもお客様はシビアです。
間取や家賃、立地はもちろんですが、設備や清潔感、安心感等、様々な面で入居者は判断します。
そして、一般的に人気があるとされている設備も、どこに置いても無条件に人気があるわけではないのが現状です。
空室が増えたらまたは続いたら『何かある!?』と考えてみましょう!

単身タイプと家族タイプ、どちらのタイプにするべきか

賃貸マンションの間取を考える場合には、
まず『ファミリー(家族)タイプ』か『シングル(単身)タイプ』かを
考えることから始めます。

収益や敷地の広さなどで考慮する事も大切ですが、
環境や立地などによって間取を考えることが必要ですし、
設備の優先順位も大きく変化します。
探している人に合わせた賃貸計画も重要ですよ。
>>経営収支の考え方はこちら

シングル(単身)タイプの場合

周辺に大学のキャンパス、専門学校などが多い

兄弟や友人同士で住む人は別として、学生さんの一人暮らしには、やはりシングルタイプ。
遠方からの通学は大変!と親元を離れての一人暮らしを考える人は多いようです。

その場合、まず学校に近い場所で選ぶ人は必然的に多くなります。
学校の周りに既にマンションが大量に立ち並んでいる場合は、例えば買い物が楽、
他の地域へ行き来しやすい等、何か別の魅力を持つ必要があるでしょう。

ショッピングや映画館・飲食店などが充実した賑やかな立地

学生さんや若い社会人などは人気エリア(中心部や栄えた街・都心)を探すことが多いようです。
またあまり賑やかな場所は、小さなお子様のいるご家族が住むには不適切な為、
ファミリーの方は避ける傾向にあります。

女子大生は駅近

夜の帰り道など暗い道を通るのはご自身も心配ですし、
親御さんも女性の一人暮らしそのものを心配する方が多いようです。

そのため駅からの帰り道が明るく、徒歩圏内の近いお部屋を探す方が多くなっています。
駅から近い物件をお持ちの場合、女性専用マンションとして宣伝するのも一つの手段かもしれません。

寮などが周辺にあり、病院や旅館・ホテルなど時間に不規則な仕事場が近い

病院の看護婦さんや、旅館・ホテルの仲居さん、従業員さんなど勤務時間が不規則な方は、
交通機関に左右されずに済むように、職場の近隣で物件を探す事が多いようです。

また学生寮や社員寮はあるけど入りたくない!
という人の一人暮らしにも利用されやすい傾向にあります。

大家さんが近隣に住んでいる

大家さんがそばにいると安心!という親御さんは、思いのほか多いようです。
学生さんのはじめての一人暮らしにはそれが条件!という方も少なからずいらっしゃいます。
また社会人でも昼間留守にしているので荷物を預かってもらったり、
何かあったときに大家さんが近くにいてくれる・連絡が取りやすいようだと
安心と言う人もいるようです。

ファミリータイプの場合

周辺に小・中学校など教育施設が充実している

ファミリーの引越しの理由は、転勤、住み替え、など様々ですが、
その地域の小中学校に子供を入れる目的で引越しを考える人も少なくないようです。

お客様の中には、「○○学校の学区域で…」と言う人もまれに…。
ご家族の入居を前提とする場合は、学校に通いやすいかどうかが
大きなポイントとなる事は間違いありません。

大きな公園など、緑が多く閑静な住宅地

休日の散歩コース、子供の遊び場として良い環境、うるさくない…など
緑の多い立地はファミリーに喜ばれます。

もちろん、単身の人でも環境が良いところであれば喜びますが、
若い女性などは静か過ぎて怖い、物騒などと言う人も。
奥まった立地の場合は、そういった面に対して注意が必要となります。

都心へのアクセスや乗換えが便利

電車通勤・車通勤など通勤時間は短縮したいものですが、
広い間取に住みたいと思ってもなかなか都心だと家賃が高くなります。

また、会社のそばに住むと、呼び出しなどで安心して休みの家族サービスも出来ない…と
不安になる方もいらっしゃいます。
そういった方は、都心へのアクセスが良い中で、少し離れたところを探す傾向にあるようです。

スーパーなど買い物が便利

単身の場合でもそうなのですが、特にご家族の場合には、何かと買い物に出る機会が増えるものです。
重い荷物を持って延々歩いたりしていては買い物に行く事が面倒くさくなってしまうかも!?
買い忘れなんてした日には…。
そんなこともあって、ある程度住まいの周りに食料・生活用品が購入できるお店があるお部屋は
とても人気があります。

管理会社等に管理を委託している

賃貸物件を管理されていることにより安心される方も多いです。
急な連絡や相談~建物の維持管理において個人の大家さんによる管理よりも、
法人的な管理を好まれる方も少なくありません。
直接大家さんと話しづらいことも、管理会社を通すことにより
話しやすくなるとお考えの方もある程度いらっしゃいます。

以上、上記の内容は一概には言えませんが、傾向としてはある程度確かなお話となっております。
間取などを決めるときには近隣の不動産会社などに、
その地域にはどんなお客様が多いのかをたずねてみると良いでしょう。

速攻!満室!原状回復工事プラン

月間1500件!満室清掃プラン

満室リフォームパッケージ

家賃設定時の注意点!

家賃を決めるときには近隣の相場に合わせて検討します。

また、立地・間取・設備・環境・構造などにもより決められますが、
極端に相場と合わない高い家賃で設定してしまうと
入居者が決まりにくい事もあるようですし、
また新築当時は入っても次回の入替え時に
なかなか決まりにくいということも起こりえます。

家賃設定時には、ご自身の考えだけでなく管理会社・仲介会社などの
意見にも耳を傾け、近隣の相場はどうなのか等まわりにも目を配りましょう。

お問い合わせはこちら>>アパートリフォームや原状回復工事・入居率アップのご提案ならALPHANまでお気軽にご相談下さい!