空室対策のためのリフォームとは

賃貸マンション・アパートの入居率低下が顕著になってきていませんか?それとは逆に賃貸思考ニーズは確実に増えています。住みたい物件、住みたくない物件がはっきりと二極化しています。

今迄のようなクロスの貼り替えや機器の入れ替えなどの原状回復工事だけではなく、
そこで生活することが楽しくなるデザインがあれば『住みたい!借りたい!』に
繋がり、デザインで付加価値を付けた部屋=資産価値向上になります。
地域のニーズ(年代・家族構成)を考慮に入れデザインした物件は
立地条件・築年数がマイナス要素であったとしても入居率を上げることは可能です。

リフォームによる賃貸資産価値UP

今までのリフォーム(原状回復)と、私たちの解決法

基本的には今までの間取りや内装を変えずに、汚れた部分や痛んだ部分を表面的に補修・貼替えなどするほか、
人気の低い和室を一部洋室に転向する程度が主流です。

よく聞く空室対策の落とし穴

賃料の値下げ

賃料の値下げをすると入居者の質が低下する恐れがあります。

例えば、10万円を払える入居者と5万円払える入居者では、
社会的地位・所得・職業が異なってきます。
これはほとんどの入居者に当てはまる事実です。
弊社でも数多くのオーナー様からヒアリングした結果、家賃の低下は
入居者の質の低下を招くという事を導くことができました。
また、入居者の質の低下に伴って、家賃の滞納率が高くなることや
近隣の方々とのトラブルの元になる
ことも予想することができます。
オーナー様はこうしたことにも頭を悩ませる状況になるかもしれないのです。

とにかくリフォームをすれば良いわけでもありません

『原状回復とは別に改装を行ったのに入居者が決まらない』と、おっしゃるオーナー様が時々いらしゃいます。
部屋を見せて頂くと、「仕方ないな」と思う事があります。

和室の雰囲気を残した洋室や、クロス等は綺麗だけど建具や窓枠の傷や色ハゲはそのまま など、
リフォームの結果、アンバランスになってしまったお部屋が多々見受けられました。

内見された方も私と同じ様な印象を持ったのではないでしょうか?
このように、なんとなくでごまかすようなリフォームをしても、かえって逆効果になる事もございます。
対象顧客をしぼりこんで、ニーズにあったリフォームが必要ではないでしょうか?

お問い合わせはこちら>>アパートリフォームや原状回復工事・入居率アップのご提案ならALPHANまでお気軽にご相談下さい!