入居者が途切れない「モテ部屋」
そんな人気物件を定額でつくりませんか?

通常、リフォームのご提案を行う場合、
見積書の作成等の手間がかかるため、その分のコストが発生します。
定額制リフォームのイメチェンの場合、無駄な営業経費を省いた結果
コストパフォーマンスの高いリフォームが実現。

空室が長期化している物件でお困りではありませんか?
定額制リフォーム「イメチェン」で、
大人気物件へ大変身させましょう!

なぜ空室が埋まらない?それには必ず理由があります

内見自体がない物件の特徴
内見されても入居が決まらない物件の特徴

空室対策は、2つのポイントが重要です

空室を埋めるための対策として、重要なものは2つあります。
1つは「条件の緩和」、もう一つは「物件力の向上」です。

あと何年この物件から収益を得たくて、どういった人に入居してもらいたのか。
ゴールを決める事で、取る対策が見えてくるはずです。
最適な空室対策を行う事で、持続可能な満室経営が実現します。

条件の緩和

条件の緩和とは、賃貸契約のための最低条件をゆるくすることです。
これは家賃の値下げだけに限らず、例えば生活保護者の受け入れであったり、
ペットや楽器演奏の可否、初期費用の減額などが挙げられます。

メリットとしては投資が不要であることですが、デメリットとして家賃収入の低下や、
住人の収入が不安定になりがち、平均して入居者の属性・社会的信頼度が低下する傾向があります。

物件力の向上

こちらは、設備の充実やリフォームで物件の価値自体を向上させることを指します。
人気のある設備を導入したり、部屋に家電を添え付けとしたり、あるいはリフォーム・リノベーションで
古い見た目を一新することで空室をなくしていきます。

メリットとしては、そのときニーズに合った部屋を用意できることと、節税対策としても有効であることです。
デメリットとしては、施工が必要なためどうしても費用や時間を必要とすることです。

今、どんな設備が必要?

住居への需要というものは時代で少しずつ変化しています。
その中でも特に大きな変化があったときは、部屋の設備もそれに準じたものでないと
やはり候補として選ばれにくい傾向があります。
こちらで、「これがあると契約が決まりやすい」「これがないと契約が決まりにくい」設備についてご紹介いたします。

いかがでしょうか?
現在の傾向としては、盗難や犯罪などへの対応のため、オートロックや宅配ボックス、モニター付きインターフォンや洗濯機の室内置きといった一人暮らしやお子様に配慮したセキュリティ重視の設備と、スマートフォンやタブレット、ネット対応のゲーム機等がこれだけ普及した現状ではインターネット回線が重要であることが伺えます。

また、ファミリー向けでは追い焚き機能の需要が長らく高い傾向にあります。

定額制だからできる、こだわりのリフォーム

入居者ターゲットを明確に絞り、既存設備、既存建具と
「床材」「クロス材」をデザイナーがカラーコーディネートいたします。

競合物件との差別化を図り、「入居者に選ばれるお部屋」へイメージチェンジ!

【基本料金 1万円×1㎡】 床面積で変わります

※エリアによっては上記項目以外も基本料金に含まれる工事があります。

【オプション】 必要なだけ選べます

※上記価格はエリアによって異なります。詳細はお問合せお願い致します。

【諸経費 5万円】 充実した入居付けサポート

※リフォーム後即満室になる為の万全なサポートがセットで付いています。

安価と高品質が両立する理由

定額制の当サービスは価格が明確です。オプションを選んでもらうだけで簡単に施工費用が計算でき、
ご契約までの流れも単純化されるため非常にスムーズです。

通常のリフォーム工事ではお見積りから現場調査・打ち合わせといったお時間をいただくのが通常ですが、
定額制のためその分のお時間を考慮する必要がなく、その分の工程にかかる費用も頂く必要がありません。
これが、安さと品質の両立を可能としております。

そして、それだけではありません。
入居者ターゲットを明確に絞り「床材」「クロス材」をデザイナーがカラーコーディネートいたします。
入居者に好まれる飽きのこないお部屋づくりを行い、競合物件との差別化を図ります。

例えば、このくらいの広さなら…

費用については、わかりやすく定額で
「1平方メートルあたり1万円」という計算方法をとっています。
そこにオプション費と諸経費として5万円をプラスした額が、施工費用となります。

例えば、下記のような面積・オプション設定だと23万円が施工費用です。
18平方メートルというと、坪数で言えば約5.4坪、京間なら10畳弱、
江戸間なら6畳間の2部屋より少し小さい面積といったところです。
お持ちの物件でご想像いただければ、なんとなく広さと価格感の雰囲気がつかめるのではないでしょうか。

高いメンテナンス性と、合理的なメリット

床タイルについては、塩ビタイルにて施工を行っております。
塩ビタイルはもともと店舗内装で使用されている頑丈な素材です。
傷がつきにくく部分的な張替えにも対応できるため、後々のメンテナンス性や
その都度かかる費用を考えると賃貸住宅向きと言えます。

また、こういった施工の大半は経理上で「修繕費」として扱われます。
節税を意識しているオーナー様についても、税務対策とお部屋のリニューアルを兼ねられる
一石二鳥の選択です。

ぜひ、お問い合わせください!

実際の事例

定額リフォームで自分らしく快適な暮らしを実現できちゃいます!
使いやすくオシャレにリフォームしたキッチンの事例や
和室から洋室へ劇的に変化したリフォーム事例なども併せてご案内いたします。

事例1

事例2

事例3

事例3

事例3

ニューヨークカフェスタイルへのリフォーム事例

「お家がカフェだったらいいな…」そんな理想を形にしたリフォーム事例です。
話題の"NYブルックリンテイスト"を取り入れた、最新の大人ヴィンテージ感です。


>大きい画像を開く

団地タイプ分譲賃貸マンションのリフォーム事例

1971年竣工の築50年近い分譲マンションが、外観からは想像できないほどのおしゃれな物件に。
和室や間仕切りを廃し、清潔感のある明るい部屋にリニューアルしています。


>大きい画像を開く

その他の施工プラン

3点ユニットバス分離・洗濯機置場移設工事

冒頭のお話でも触れていますが、昨今の賃貸住宅で嫌われがちな要素として扱われるのが
「洗濯機置き場が外にあること」と「トイレとバス/シャワーが分離されていないユニットバス」です。

こうした仕様で建てられた物件に対し、洗濯機置き場を室内に移設するプランや
トイレ部分とバス/シャワー部分を「トイレ」と「シャワールーム」に分離させるリフォーム工事を行っております。

トイレ自体も洗浄機能付き便座に変更するほか、備付のホルダーなどもスタイリッシュなものに交換。
ただ仕切るだけの工事とは違い、設備に古さを感じさせません。

リフォーム費用立て替えサービス

空室対策としてリフォームを行う場合、オーナー様が一番不安や心配に感じることは
「リフォームをしたからといって、入居が長く決まらなければリフォーム費用が回収できないのではないか」
「銀行から借り入れをしなければとてもリフォームなどできないが、やらないと入居者が決まりそうにない」

といった点かと思います。

そこで、リフォーム費用について入居が決まらない限りはお支払いを保留するプランや、
リフォーム費用を入居者の家賃から分割払いしていただくことで、借り入れ自体を不要とするプラン
ご提案しております。

詳しくはお問い合わせください。


>大きい画像を開く

お問い合わせはこちら>>アパートリフォームや原状回復工事・入居率アップのご提案ならALPHANまでお気軽にご相談下さい!

ご依頼/
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE